株式会社D-HORIZON

WHAT'S NEWNEWS

ニュース

COOKING

2年ものの梅ジャムが冷蔵庫に

眠い目をこすりながら、今日も日課の弁当づくりです。

娘の高校進学を機に再スタートした弁当作りですが、既に高校を卒業し、娘は短大生に。「高校卒業したら自分で作って」と言っていたのですが、何のかんのと言い訳して、未だ娘の弁当と自分の弁当を作り続けています。

まずは定番の玉子焼き。

砂糖に塩少々加えるいつもの味付けに、料理酒、ちりめんじゃこを加えてみた。

ジャコの旨みがじわりと滲みて予想通りの味に。

次は鶏肉こま切れ肉にニンジン、ピーマンの細切りを合わせたかき揚げ風炒め物。

ニンジン、ピーマンはあらかじめ下ゆでして火を通しておき、鳥コマ肉と混ぜ、水溶き片栗粉で絡めかき揚げのタネを作る。料理酒と上司からもらったスダチの果皮をミジン切りにしたものを少し混ぜ、かき揚げの要領でフライパンで炒める。

さわやかなスダチの香りが鼻孔をくすぐり、鳥コマの旨みにニンジン、ピーマンの心地よい歯触りが重なる。ついでにと加えた七味のピリッとした辛みもうまくマッチしていた。

最後は冷蔵庫の奥にひっそりと約2年間放置されていた手作り梅ジャムのハム巻き

フタに記された日付けから2年前の代物だと判明した時はちょっとたじろいたが、見た感じ特に問題なさそうなのでチョット舐めてみた。年月が経ち熟成したまろやかな甘味と梅の酸味が素晴らしく、思わずため息を漏らす。冷蔵庫の中でかなり乾燥が進み、ジャムというよりかなり固めのゼリーといった感じだ。

そのまま食べて十分おいしいのだが、メロンに生ハムという組み合わせがあるのだから、きっとハムに梅ゼリーは合うかもしれないと試してみた。

食べてみた。

別々でも良かったと思う。ただ盛り付け的には意味があったかなと感じた。

今日ののおかず/

ミニトマトのちょっと大きめ

鶏肉コマ肉とニンジン・ピーマンのかき揚げスダチ風味

ハムと熟成梅ゼリー(写真/おかず中央渦巻き状のハム)

ジャコ入り玉子焼き

チーズのベーコン巻

インゲンの胡麻和え

記事一覧に戻る